アニメたまゆら2期

お知らせ

たまゆら祭2014 オフィシャルレポート

2014年08月15日 金曜日

たまゆら祭2014 オフィシャルレポート

8月3日(日)、アニメ「たまゆら」を愛する人々が集う夏祭り「たまゆら祭2014」が日比谷公会堂で開催されました。

「ももねこ音頭」が流れる中、お好み焼きと射的の屋台が並ぶステージに、艶やかな浴衣姿のメインキャスト5人が登場。沢渡楓役の竹達彩奈さん、塙かおる役の阿澄佳奈さん、岡崎のりえ役の井口裕香さん、三谷かなえ役の茅野愛衣さん、桜田麻音役の儀武ゆう子さんの順番に会場のファンへ挨拶。
挨拶を終えると、サプライズゲストとしてお好み焼きの屋台から現れたのは、八色ちも役の松来未祐さん。
さらに、堂郷和太郎役の間島淳司さんも登場。間島さんはこのあとコーナー司会としてイベントを進行することに。
2人のサプライズゲストが登場して、「たまゆら祭2014」がスタートしました。

最初のコーナーは「ももねこ様杯争奪! たまゆら縁日王決定戦!」。6人のキャストが3つのチームに分かれてゲームで対決しました。
まずは、間島さんからチーム分けが発表。
お肉大好きの竹達さんと、そばが大好きな茅野さんの「肉そばチーム」。
阿澄さんと大の仲良しな、井口さんと松来さんの「阿澄のともだチーム」。
今年結婚した、阿澄さんと儀武さんによる「たまゆら婚」……ではなく「たまゆら魂(こん)チーム」。
自分たちで決めたチーム名も非常に個性的でした。

1種目目は、だるまの部分がももねこ様になった巨大なだるま落としを使っての「ももねこ様落とし」。なかなか難易度は高く、「肉そばチーム」と「たまゆら魂チーム」は1人目で失敗しましたが、「阿澄のともだチーム」の2人は全段クリアーに成功。特に、井口さんは思い切りの良いスイングで綺麗に一段一段を落としていました。
2種目目は、お好み焼きをひっくり返す際の美しさを競う「お好み焼き ひっくり返し選手権」。その審査員&デモンストレーターとして2人の「鉄人」がステージへ登場。「家庭料理の鉄人」は佐藤順一監督。「お好み焼きの鉄人」は作中に登場する「お好み焼き屋 ほぼろ」のモデルになった「お好み焼き ほり川」の店主・堀川大輔さん。まさに「鉄人」といった衣装に身を包んだ2人は模範演技を披露。堀川さんは、山盛りのキャベツを乗せたお好み焼きを完璧にひっくり返し、佐藤監督も若干のミスを即座にカバーしました。
最初の挑戦者、儀武さんは手堅く成功。それを見た松来さんはお好み焼きを少し高く上げながら、ひっくり返して高ポイントを狙います。しかし、最後に挑戦した茅野さんは、自分の顔よりも高い位置までお好み焼きを上げるという、もあぐれっしぶなチャレンジ。キャベツは激しく飛び散りましたが、鉄人による採点はトップでした。
最後のゲームは「狙って!倒して!たまゆら何でも的当て!」。
ゴムボール、エアガンなどの道具の中から一つを選んで、得点の書かれた的をどれだけ倒せるか競います。このゲームでは、儀武さんの選んだダンボール箱製の空気砲が意外な威力を発揮。また、エアガンを選んだ竹達さんも高得点をマークしました。
3種目を終え、優勝の栄冠を手にしたのは竹達さん&茅野さんの「肉そばチーム」でした。

ゲームでたっぷり遊んだ後は、たまゆらの歴史を紐解く「たまゆらヒストリア」のコーナー。浴衣に早着替えをした佐藤監督が再登場し、大きな年表とともに、さまざまな「たまゆら」の歴史、出来事を振り返っていきます。このコーナーの中で特に会場が沸いたのは、幻のプロモーションビデオが上映された時。2009年に佐藤監督作品の「うみものがたり」と「ARIA」の合同イベントで公開されたもので、キャラクター設定なども決まる前に作られた映像のため、楓は小柄ではなく、髪型もツインテール。かなり印象が異なるため、竹達さんも驚きの表情。そして、ジト目のももねこ様に、出演者も会場のたまゆらー一同も騒然となりました。

また、コーナーの中では「たまゆら」のイベントに関するさまざまなデータも紹介。
佐藤監督と儀武さんの2人だけが参加したイベントは、なんと降水確率が80%だという衝撃の事実が明かされました。

出演者たちが「たまゆら」の歴史やイベントの想い出を語り、もっと「たまゆら」を見たい、という思いを語っていると、佐藤監督からついに重大発表が。
スクリーンに「たまゆら 完結編 製作決定」の文字と、桜の木の下、卒業証書の入った筒を持つ、楓たち4人のイラストが映し出されると、ホールの中に、この日一番の拍手と歓声が響きました。
完結編は4部構成で、2015年の春から順次、全国の映画館で上映されることも発表され、さらに驚きの声が。嬉しそうな出演者たちも、佐藤監督にさまざまな質問をしていました。

「たまゆら祭2014」最後のコーナーは出演者たちの朗読によるドラマパート。TVシリーズ2期「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の最終回直後のエピソードが描かれました。

ドラマパート終了後、出演者がステージに勢揃いし、エンディング。
ここで2015年春の「たまゆら進級イベント」開催が発表されました。
そして、全員が久々のイベントの感想や、「たまゆら」完結編に向けての熱い思いを語り、大きな拍手の中、「たまゆら祭2014」は終了しました。

「たまゆら」完結編にむけてのコメントをいただきました

佐藤順一 監督
楓たちの卒業を見届けたいという僕たちたまゆらスタッフ、キャスト、そしてたまゆらーのみなさんの願いがかないました!OVAに始まりTVを2期お届けし、今度は映画館での上映という新しいチャレンジですが、みんなで見守るにはふさわしい形と思います。
どうか最後まで一緒にイベントを楽しみながら、彼女たちを応援して戴けたら嬉しいです!どうぞよろしくお願いします!

沢渡楓役 竹達彩奈さん
完結編製作、おめでとうございます!!
また「たまゆら」の世界に戻って来れて、楓ちゃんを演じる機会をいただけて本当に嬉しいです!!きっと完結編では3年生になった楓ちゃんたちが、ふんわりと、時にあぐれっしぶに過ごす姿が見れるんじゃないかと期待しています。
高校3年生という大切な時間を、どう過ごしていくのか、一緒に見守っていただけると嬉しいです。今度は劇場でお会いしましょう!!

塙かおる役 阿澄佳奈さん
あたたかすぎて涙が出てくるという感覚を、今回のイベントでも体感させていただきました。応援、本当にありがとうございます!
たまゆらーのみなさんに完結編製作決定の発表をお伝えできて、それをみなさんが喜んでくださっている様子を見られたことが、私にとって一番しあわせな瞬間でした。
旅立ちの日に向けて、ぽって達がどんな姿を見せてくれるのか、とても楽しみです。
みなさん、またお会いしましょう!

岡崎のりえ役 井口裕香さん
完結編を皆さんにお届けできること…本当に本当に嬉しいです。
ありがとうございます!お待たせしました!!
ぽって、かおたん、麻音たん、かなえ先輩、のりえ…
皆のこの先、卒業していくまでの心の変化を見届けられる!演じられる!!とても嬉しいです。
完結編4本を大切に大切に演じていきたいと思います。
心をこめて。。。
来年の春にお逢いしましょう!!

桜田麻音役 儀武ゆう子さん
小さいころから見てきた「日常系アニメ」といえば、主人公たちがずっと変わらずそこにいて、気が付くと彼らよりもだいぶ年上になってしまうものなのですが……
「たまゆら」はぽって達が少しずつ成長して前に進んでいく物語。
彼女達もついに最上級生です。
私達キャストの身の廻りでも色んな変化があったように(笑)、彼女たちの環境もいよいよ大きく変化し始める為の大切な準備期間の1年。
それを今度は大スクリーンで皆様に見て頂ける。ダイナミックな完結編になる事間違いなしです!楽しみだぴゅ♪

三谷かなえ役 茅野愛衣さん
いつも「たまゆら」を応援してくれている皆さま!
本当に本当にありがとうございます!!
かなえ先輩は「もあぐれっしぶ」で卒業してしまった身なので、またたまゆらの世界観に入ることが出来るなんて嬉しいです!更に成長して素敵になったぽって部長と、ぽって部のみんなに会えるのを楽しみにしています♪
もちろんももねこ様の活躍にも期待大です…!!!!

八色ちも役 松来未祐さん
みなさんのおかげで、ついに、ついに!!「たまゆら」完結編をお送りできることとなりました。楓ちゃん達の成長を、キャラクターとしても、私個人としても見守ってきましたが、ついにこの時がくるんだな…と思い、胸がいっぱいです。スタッフの皆さん、キャストの皆と力を合わせて、すごい(?!)たまゆらを絶対にお届けします!これからもどうぞよろしくお願いいたします。

堂郷和太郎役 間島淳司さん
ついに「たまゆら」が帰ってきた!!2年生で終わるなんて僕は信じてませんでしたよ☆
楓ちゃんたちみんなの結末が描かれるんですかね…楽しみですね。
もちろん僕としては堂郷の「結末」も楽しみなところ!心を込めて、力いっぱい演じていきたいと思っているので応援よろしくお願いします!!